方程式はない

近頃は、出会い用のアプリを利用して恋人を見つけようと考えている人がずいぶんと増えているようです。
忙しい現代人にとって、イベントは時間的な制約が多いことから、出会いの場としては不向きだと考えられるようになってきているのかもしれません。
自分のペースで恋人を見つけ、速やかに関係を築きたい、恋を始めたいと考えている人が増えているということでもあるのでしょう。
なぜなら、アプリには、そうした考えを持っている人たちにとってとても都合のいいシステムが揃っているからです。
ですが、恋人候補を選ぶまではともかく、関係を築くためにはそれなりに時間をかけることをお勧めします。

速やかに関係を築こうとすると、人は「自分たちに合った方法」ではなく、「パターンに当てはめよう」と考えてしまいがちです。
前回の経験から、もしくは、周りの経験から、「こうすれば上手くいくはず」という方程式を無意識のうちに作り出し、それに自分たちを当てはめようと考えてしまうものです。
ですが、雑誌やWebサイトの記事で目にするような、「理想的な恋のパターン」に当てはまる「恋」などはそうそうないのだということを覚えておいてください。
そうしたパターンで恋が成功するのであれば、誰も失恋など経験するはずがありませんし、どんな相手とであっても恋は上手くいくはずです。
自分たちに合った関係の築き方を心がけておかなければ、その先にあるのは破たんなのだということを忘れてはいけません。

もちろん、中にはすんなりと関係を築いてしまうカップルもいるでしょうが、そこは人それぞれです。
「自分たちも」と考えるのではなく、「自分たちらしくあろう」と考えることが大切ですし、それが関係の築き方の理想でもあるのです。
「良好な関係を続けてゆきたい」「失敗したくない」という気持ちを持つことによって、人はそのための努力をし、考え、恋という関係を実らせてゆくのであって、パターン化されたものに当てはまる恋などないのです。