明確な意思表示を

人気のスマートフォンの出会いアプリを活用して恋人を探している人の中には、「交際相手」ではなく、「結婚相手」が欲しいと思っている人もいるのではないでしょうか。カップルが交際を経ていずれ結婚へと進むことを考えれば、「交際相手」「結婚相手」と区別するのは不自然かもしれませんが、「結婚相手」を探すということは、「結婚を前提とした交際がしたい」との意思があるということです。もし、そんな相手との出会いを望んでいるのであれば、アプリに登録する際は、そのことを自分のプロフィールに記載しておきましょう。

なぜなら、恋人が欲しいと思ってアプリに登録している人のすべてが結婚を望んでいる訳ではないからです。「いずれ結婚したい」と考えている人でも、結婚を前提とした交際がしたくて登録したという人はそう多くありません。「まずは色んな人と交流を深め、いずれ自分に合う人を見つけて交際したい」と考えている人が大半でしょう。そんなそれぞれの考え方や事情を、アプローチを始める前に知ることができれば、お互いにムダ足を踏まずにすみます。逆に、同じ考えを持っている人に向けてアプローチしやすくなるでしょう。

しかし、「結婚相手」として見ることができる相手かどうか、実際に結婚することができるかどうかは、恋人として交際し、お互いについての理解が深まらなければ分からないものです。最初からわざわざ「結婚」という重要なキーワードを出す必要があるのかと悩む人もいるかもしれませんが、その言葉を用いてもなお「交際してみましょう」と歩み寄ってきた相手には、それを受け入れる気持ちがある、同じ願望があると考えていいでしょう。その相手なら、結婚を前提としてお互いの人となりを見て、結婚相手としてふさわしくなるための努力もできるはずです。

プロフィールなどで結婚の意思を表示することは決して無駄ではありません。「結婚を前提とした交際」という言葉は、むしろ曖昧な言葉よりも明確な条件づけであり、相手に分かりやすく伝わりやすいと言えるでしょう。